「させて頂く」の乱用

2011.10.05 23:58|つれづれ
家にいるようになって、テレビを見る機会が増えたからだろうか。

「させて頂く」の乱用が気になるようになってしまった。

歌を「歌わせて頂く」。
映画に「出させて頂く」。
共演「させて頂く」。

アーティストの場合は、
自分みたいな人間が・・・と謙遜する気持ちや
共演する相手を立てる気持ちや
聴いてくれるお客さんいてこそ、という感謝の気持ちから出る言葉なんだろう。
まあそれはわかる。

もちろんもちろん謙虚な気持ちは大切だと思うし
私も常に「歌わせてもらっている」と思っている。
歌に。お客さんに。ステージに。家族に。
そこはどうか誤解しないで頂きたい。

でも、あまりにもみんながみんな
何に対しても型にはめたように使うので、
アマノジャクな私にはなんだか優等生的で気持ち悪く感じちゃうのである。

誰に対して、
何に対して、
本当に謙っているから言っているの?

人によってはこの言葉って
自信のなさの表れだったり
「感謝してます」の余計なアピールだったり
主体性のなさだったり
に、見えてしまうのです。

適切な場面で、
あるいは逆に特別そう思っていることを伝えたくて言うのは構わないけど、
とりあえず謙った言い方をしておけば良い
みたいな風潮がキライ。

アーティストに限らず、
メディアも政治家も
「発言させて頂きました」
「資料をご用意させて頂きました」
「お伺いさせて頂きました」

って、言い過ぎ、言い過ぎヽ(`Д´)ノ!!
明らかな二重敬語もあるし!

先日度肝をぬかれたのは
「ホームランを打たせて頂きました」というヒーローインタビュー。
それ、むしろ相手に失礼だから(´∀`*)。

厄介なのは
ビジネスの世界までこの風潮が広がると
「致します」程度の丁寧語ではもはや足りなく感じて
さらに「させて頂きます」の使用が加速してしまうこと。
(いや、もう広がっているのかも。)

こうなると、間違っていると思っても自分も言わなきゃいけなくなっちゃうから
非常にムズムズするのです。

自分を含め、
適切な言葉でシンプルに真意を伝えたいものだと思う
今日このごろなのでした。

以上、「つぶやかせて頂きました」じゃなくて
つぶやきでした☆
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

akikorain

Author:akikorain
ジャズやブラジリアンを歌っています。
子育てのため少し休憩をいただいていましたが
2015年よりゆっくり活動を再開。
現在は東京近郊を中心に、ライブやレッスンを行っています。

ボーカルレッスン開講中
柏  RAD MUSIC SCHOOL
http://www.radmusicschool.com/
金町 いろは音楽教室
http://www.iroha-musicschool.com/
ほか、よみうりカルチャー等

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

電力使用状況&電気予報